看護師から医療事務への転職は可能?

看護師として働いている方の中には、今のまま仕事を続けるのではなく医療事務に転職を考えている方もいます。
そもそも転職自体が可能なのかと不安になる方もいますが、看護師から医療事務へと職を変えることは可能です。
実際に職を変えることを検討している場合、どのような点がポイントになるのか把握しておきましょう。

看護師として働いているということは、看護学校に通って資格を取っているということです。
医療事務も同じように医療関連の仕事であるため、資格が必須だと思っている方もいます。
しかし医療事務の仕事の場合、国家資格ではなく民間資格のため必須ということはありません。
未経験で何のスキルを持っていない方であったとしても、就職すること自体は可能です。

では不要なのにも関わらず、わざわざ医療事務の資格を取得する方が多くいるのにはどのような背景があるのでしょうか。
その理由の1つが、比較的難易度が低いという点です。
試験の合格率が高く通信講座も充実しているため、まずは資格を取得したいと考える方も多くいます。
ですが資格を取らなくても働けるため、取得する前に仕事を探し始めるのも1つの手です。

医療事務の仕事探しで注意しなければならない点が、資格の難易度は低くても職場によっては採用の確率が低いという点です。
実は医療事務は、女性を中心に多くの方が目指している職業です。
特に大手病院のような職場だと倍率が高いので、求人に応募する職場をしっかりと選ぶようにしましょう。
倍率が高いと、資格を持っていてもあまり意味がないこともあるので注意が必要です。

実際に看護師から医療事務へ転職する場合、今の仕事を辞めてから次の仕事を探し始める方も多くいます。
ですが状況によっては、なかなか新しい職場が見つからないこともあります。
無職の期間が長引かないようにするためにも、仕事を見つけてから今の職場を辞めるのも1つの手です。
またスムーズに転職先を見つけるために、コンサルタントを利用するという方法もあげられます。

看護師と医療事務の給与や休日の比較

看護師と医療事務の仕事を比較した場合、前者のほうが多くの給与が期待できます。
人によっては転職したことで、1ヵ月あたりの給与が10万円近く減ってしまうこともあります。
このように給与が下がってしまう可能性もある中で、人々が医療事務への転職を考える理由にはどのような背景があるのでしょうか。

看護師と医療事務の違いの1つに、勤務時間があげられます。
看護師の場合には、働き方が不規則で夜勤があるケースも見られます。
一方で医療事務の場合、勤務時間が一定で残業や夜勤もほとんどありません。
このように勤務時間が決まっていることで、子育てと仕事が両立しやすくなっています。

女性にとって子育てと仕事を両立するためには、スケジュールの調整がしやすい仕事につくことが大切です。
ですが看護師の場合、夜勤があるだけではなく職場によっては決まった曜日に休むことはできません。
そこで医療事務として働くことで、毎週同じ曜日に休みをとることも可能です。
このような勤務時間と休日が決まっていることで、子供を育てながら働きやすい環境を整えることにつながります。

勤務時間が決まっているとしても、給与が下がってしまうという事実を無視できない方もいるでしょう。
そのような場合には、少しでも条件の良い職場で働くことも大切です。
同じ医療事務でも、職場によって給与に違いが見られます。違いを比較して、好条件の職場を探すのも1つの手です。

また医療事務の働き方では、正社員なのかパートなのかという違いによっても勤務時間や給与に差が出ます。
給与を重視したくても、子育てと両立するためにはパートのほうが働きやすいという方も多くいます。
自分のライフスタイルと考えて、どのような働き方がベストか考えていくようにしましょう。