男性看護師特有の悩みとは?

看護師は看護婦と以前は呼ばれていました。女性特有の仕事という認知であり、男性は極端に少なかった背景があります。
現在は看護婦から看護師と名称が変更し、時代の背景や患者のニーズ、そして重労働である事から男性が求められる様になりました。
現在では多くの男性看護師が全国で勤務しています。
しかし女性社会が長らく続いていた看護業界で、まだ歴史の浅い男性が働く事は様々な悩みや問題がある事も事実です。

特に患者さんのケアを行う際や、人間関係で悩む男性看護師は多いです。
患者さんのケアでは、病院で多いのですが患者さんの身体を拭く事も仕事として多くあります。

また排泄介助や入浴支援等といった、肌を露出したり触れられる機会が患者さんには多くあります。
看護師という名称に変更しても、今だ看護婦さんと呼ぶ方も多いです。それ程、看護師=女性という固定観念は拭えていません。

特に女性患者に多い事なのですが、男性というだけで担当を変更してほしいと希望する場面も多いです。
女性患者からしたら同性の方が気楽で良い事や、男性看護師に対して羞恥心がある理由が主です。では同性である男性患者はどうでしょうか。

こちらも男性看護師を悩ます事なのですが、男性患者からしたら逆に女性にケアして欲しいと女性患者とは違う観点からの希望が強くあります。
女性であるイメージが強い事から、この様に両方からも敬遠されがちな場面は多いです。
人間関係については、どの会社でも起こる事です。
女性の多い職場は多くありますが、女性界の事を知らないとどの職場でも上手く関係を構築できません。
女性の多い看護業界でも同じで、仕事が完璧にできていても、女性の常識をしらないと人間関係を構築できない場面は多いです。

以上の事が悩みで多い事です。他には意外と給与に対しても悩む男性は多いです。
看護師は世間一般では給与も良いイメージですが、それは他の女性の職業と比較してです。
男性は特に優遇はされていません。男性の給与としても良い待遇ではありますが、一家を支える者として不満を感じている方も多いです。

男性看護師におけるキャリアアップについて

病院等では男女比の割合では男性は1割程になります。クリニックや個人医院ではほとんどが女性で、男性は逆に珍しい位です。
それ程女性社会である看護業界では、男性のキャリアアップは難しいのでしょうか。

病院では看護部門の管理職として、看護師長・病棟師長・副師長等の役職があります。
経験年数の長い方等がキャリアアップしていきます。現状男性看護師の歴史は浅いので、ほとんどが女性が管理職を担っています。
女性社会であるのでキャリアアップや昇進は難しいと思われがちですが、性別が理由で支障は特にありません。
助産関係以外では特に支障なく管理職に就く事は可能です。
管理職になると女性看護師との人間関係も重要になってきますが、それを苦にせずこなせる方が昇進していきます。

看護業界とは別に、病院からの男性看護師ニーズは非常に高いです。
大きな理由として、女性の様に妊娠出産等でキャリアが途切れる事がない事です。病院としては看護師の人員配置を安定させる事ができるからです。
以上の理由から、キャリアアップに性別は特に問題にはなりません。

キャリアアップには昇進以外に資格を取得する方法があります。現場を知っていくと自分が今後どうしたいか等が見えてきます。
仕事の幅や活躍の場を増やす方法に、認定看護師や専門看護師といった資格があります。
取得には時間や労力が必要ですが、他の方々とは違う存在になれます。

病院では病院の顔として冊子やホームページに紹介される事も非常に多くなります。
病院側としても取得ニーズが高いです。現在多くの病院等で働く男性看護師は増えてきています。
給与や人間関係、キャリアアップ等悩みはそれぞれありますが、性別が仕事に支障をきたす事も減少してきています。