看護師=女性の仕事と思っている方も多くいるでしょう。かつては看護婦と呼ばれていたことから、女性専門の仕事でもありました。
ですが現在では、男性の中にも看護師として働いている方も増えています。
力仕事も多い診療科では、男性看護師は重宝される存在です。重宝される場もある一方で、女性が多い職場で働くことならではの悩みも存在しています。
では男性看護師の需要が高まっている背景と、働くうえでの悩みにはどのようなポイントがあげられるのでしょうか。

医療現場に男性の看護師の需要が高まっている

看護師は女性の仕事だと思っている方も多くいます。以前は女性しかいなかった仕事ではありますが、最近では男性が働くケースも増えています。
数が増えているといっても、全体の数%の割合なのでまだまだ数が少ないのも事実です。
では需要が高まる背景には、どのようなポイントが存在しているのでしょうか。

男性看護師の需要が高い理由の1つが、力仕事も多くあるという点です。
重たい荷物を運ぶとき、体力のある男性のほうが効率よく仕事ができます。
また看護師は夜勤や残業が多い仕事のため、体力勝負という一面も持ちます。
そのようなときに体力のある男性が働くことで、職場全体の負担を減らすことにもつながります。

男性患者の場合、女性の看護師に世話してもらうのに抵抗を持つ方もいます。
患者の状態によっては入浴補助が必要になることもあるので、同性の看護師に世話をしてもらいたいと考える方も多いのです。
全体の割合としては数が少ない男性看護師ではありますが、需要が増加しているのも事実です。

また入院患者の中には、女性の看護師には相談しにくい悩みを抱える方もいるでしょう。
そのようなときに同じ男性の方がいることで、悩みが相談しやすいということもあります。
このように医療の現場で需要が増加している背景には、患者の声という面も大きいのです。

看護師は男性だけが需要が高いというわけではなく、業界全体で需要が高まっている職業です。
高齢者の数が増えると、病院だけではなく介護施設などでも必要な人材が増えています。
特に介護施設の場合では、1人で自由に動き回るのが難しい高齢者の方もいます。そのような環境では、力や体力のある男性の活躍が期待されます。
看護師の職場=病院というイメージを持っている方もいますが、さまざまな職場で活躍のチャンスがあるのもポイントの1つです。

需要が高いため、就職先が見つけやすくなっています。
大きな総合病院から街のクリニックまでさまざまな職場の候補があるため、どのような職場で働きたいのか考えて自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
実際に働く職場を選ぶとき、診療科の違いや収入に注目してみるのも1つの手です。
同じような仕事でも、求められる仕事内容に違いが出ることもあります。何を求められている職場か確認したうえで、仕事先を選びましょう。

男性看護師の需要がある診療科とは?

看護師業界全体で男性の需要が高まっている中で、特に需要の高い診療科にはどのような選択肢があげられるのでしょうか。
例えば需要の高い診療科の1つに、精神科があげられます。
精神科で入院している患者の中には、大きな声を出したりものを投げたり不安定な状態の方も多くいます。
そのような方を落ち着かせるために、力のある男性が求められています。

ほかにも手術室勤務の場合、体力のある男性看護師の活躍が期待されています。手術が長引くと、12時間以上かかってしまうこともあります。
また緊急手術も多いため、手術室勤務は体力勝負となるケースも多いのです。

体力が求められる男性看護師の職場には、救急外来もあげられます。緊急外来のポイントは、体力だけではなくタフな精神力も求められます。
さらに男性は、女性よりも理論的な思考が優れています。救急外来の現場では、その場での素早い判断が重要です。
そのため理論的思考がある男性の活躍が期待されているのです。

また集中治療室の場合は、夜勤が多いため体力の多い方の活躍が必要です。夜勤が多いだけではなく、家族への対応も多く精神力も求められる職場です。
女性の場合、家庭があると夜勤が難しいという方も多くいます。
男性のほうが夜勤にも対応できる方が多いため、看護師としての活躍が期待されています。

ほかにも整形外科や泌尿器科は、自力で動けない患者も多く入院しています。
そのような患者が多い職場の場合、ベッドや車いすの移動を補助するときに体力が求められます。
自力で動けない方の補助をするためにも、力のある男性看護師が求められています。

男性看護師の需要は夜勤などが多く体力が求められる診療科で特に高くなっています。
もちろん実際に働きたいと考えているときに、需要が高い診療科にこだわる必要はありません。
自分がどのような働き方をしたいのか考えて、自分に合った職場を選ぶようにしましょう。

また収入を増やしたいと考えたとき、夜勤や休日出勤を組み合わせることも大切です。
夜勤手当などが多くもらえることで、看護師は安定して稼ぎやすくなります。
女性看護師と収入の条件に差はないので、多く稼ぎたい方は夜間も働いて夜勤手当をもらえるようにしましょう。
実際に夜勤をするときには、自分の体調管理を怠ってはいけません。

男性看護師が考える将来の不安

男性看護師の中には、将来への不安を抱えている方も多くいます。
興味がある方は、どのような不安があるのか把握したうえで働くことを考えていくようにしましょう。

まず多くの方が抱えている不安というのが、職場が女性中心であるという点です。
男性看護師の数が増えているとしても、職場のほとんどは女性です。小さな病院の場合には、自分以外は全員女性ということもあるでしょう。
仕事をしているときは気にならなくても、休憩時間など同僚の話についていけずに困ってしまう方も多くいます。
人間関係でつまずいたら男性医師に相談するなど、身近に相談できる相手を見つけておくことも大切です。

また女性が多い職業なので不安という方は、男性が働いている職場を探してみるのも1つの手です。
病院によっては、男性看護師が多く働いているケースも見られます。同性が活躍している職場であれば、自分も問題なく働ける可能性が高いのです。

また看護師は全体的に収入が多い職業ではないため、将来のお金のことを心配する方もいるでしょう。
しかし最初の給料が少なめであったとしても、長く1つの職場で働くことでキャリアアップするチャンスもあります。
女性の場合、結婚や出産などで看護師の仕事を辞めてしまう方もいます。
その点男性は仕事を辞めずに長く働きやすいので、働き続けることでキャリアアップができる可能性も多く存在しています。

同僚との人間関係だけではなく、患者の偏見によって悩みを抱える方もいます。
看護師=女性というイメージから、男性看護師に世話をしてもらうのに抵抗を持つ方も見られます。
人によって異なる考え方をするのは当たり前のことなので、患者に何か言われても気にしない精神面も必要です。

働くうえで何らかの悩みを抱えるのは、どのような職業でも同じことです。
そのため何か悩みができたときには、自分だけだと思い込まず誰かに相談することも大切です。
職場に相談できる相手がいなければ、家族や友人に相談するのも1つの手です。
1人で悩んでも解決しないケースが多いからこそ、誰かに相談して仕事に影響しないようにしましょう。

悩み相談は、インターネットを利用して行うこともできます。
例えばインターネット上で同じ男性看護師の方を探して、悩みを相談する方法もあります。
自分に合った形で悩みと向き合い、解決できるようにしましょう。